「MSI GL62M 7REX 発売セール」コスパ最強ゲーミングノートパソコン

この度は、MSIと提携して、
PC製造に有名なMSIの商品「MSI GL62M 7REX」シリーズの「1252CN」バージョンを発売する事を決定しました。
以前から続々クーポンを散布しており、これまで190個のプレセールで販売されて、価格帯に対してはかなり人気を得ております。

その発売セールがまもなく開催する事となり、紹介させて頂きます。

イベント期間

八月14日から八月20日まで

イベント会場

MSI GL62M 7REX 発売セール 会場

イベント内容:

1.特別価格

最初の100機の価格が899ドルとなります、
引き続きの150台の価格が959ドルとなります、
その後の150台の価格は999ドルとなります。

2.無料アクセサリー

イベント内の購入はこちらのアクセサリーセットが無料送られます:
MSI ノートパソコン アクセサリー セット

3.同封購入特価

msi類商品の注文金額が299ドルを超えた場合は、そのオリジナルのバックを9.9ドルで購入可能:
MSI ノートパソコン オリジナル バック

発売商品MSI GL62M 7REXの基本情報:

CPU:Intel Core i7-7700HQ

GPU:GTX1050Ti (4GBバージョン)

RAM:8GB(32GBまで増設可能)

メモリ:HDD 1TB(7200R/M ),SSD増設口アリ(M.2,PCI-Eサポート)

OS:WINDOWS 10 HOME CHINAESE(XIAOMI AIRと同じ仕様)

キーボード:Steelserise ゲーミングキーワード搭載(英語配列)

充実の保証

公式の正規品の為に、
全世界一年保証(工場出荷から計算、通常1~2ヶ月遅くなれます)をつけております。勿論日本国内受付可能、公式サイト:https://jp.msi.com/supportへ機体を登録すれば、保証期間が更に三ヶ月追加されます。

外観

性能紹介:

排熱システム:

ダブルファン&6ブラスの排熱システム:

内部一覧:

通常この部分を紹介する事は少ないですか、
実際この部分のデザイン、原料等がゲーミングノートのコスト中の重要部分となり、一般論ですか、通常のパソコンには、ゲーミングノートと名乗うても、ダブルファン搭載の機体すら3~4本のブラスしかないのて、排熱効果には大間違いです。

排熱の重要性と言うと、GPUとCPUが最大機能を発揮出来るかとうかを大きく関わっており、GPUとCPUが動作する程熱量の上がって来るので、もし排熱性能が足りない場合は、機体を保護するために、GPUとCPUは自動的に性能切り落とします。
よって、大部のゲーミングノートパソコンはその最大の性能を発揮出来ないの話です。
MSI GL62M 7REXシリーズには、この完備の排熱システムを所有した上、強力排熱モート(ファンの回転速度を6000ターン/分までに、通常の六倍)も配置しており、パソコンの長期間の最大性能輸出を確保しております。(専門のテストデータを文章の後半に転載させて頂きます)

CPU

Intel Core i7-7700HQ搭載、モバイルCPUの中の最新最先端ランクの処理器となり、これまで来れば、CPUが原因で動作出来ない事はほぼありません。
4コア8スレッドのスペック、スレッド数が多くサポートしている為に、複数のゲームを作動する事に快適な体験がもらえます

CPUZテスト(転載)


周波数は3590.32MHzまで行けました(約3.6GHz)

GPU

グラフィックスカードでございます。

これは、ノートのゲーミング性能が一番頼れたところです。
本機体には「GTX 1050TI(4GB RAM バージョン)」を搭載しております。

10系のモバイルGPUの特別点:

10系のモバイルGPUには突破的に、デスクトップGPUと同一性能を実現てきた、よって、表記上にMを捨てたたけでは無く、1050ti理論数値には前代のGTX970Mすら超えております。現存ゲームには全部動作可能です、極一部の大型3Dゲームだけがミドル画質のみ快適動作可能。

9系との比べ:転載元:http://www.expreview.com/50460.html

そして、「1252CN」が搭載したのは4GB RAM バージョンの為に、2GB バージョンに比べて、より大型のゲームの程、より快適の体験がもられます。

性能テスト展示(転載):

GPUZテスト

RAM:4096MB  メモリ帯域幅:128bit  コア周波数:1493MHZ

3DMARK点数:

3Dmark11 P点

CINEBENCH全体的にテスト:

cpu

GPU

CPU面に「1252CN」を超えたのはほぼデスクトップ
のTOPランクCPUとなります。
FPSにも60FPS以下に落ちた事がございません。(ディスプレイの周波数は通常60GHzの為に、60fps以上と60fpsの区別がございません)

一番肝心の温度コントロール:

以上の一連の最大限度でテストした後には温度管理プログラムによる記録した数値は以下となります(転載):

CPU
最大温度が77°C
最低温度が51°C
平均温度:62°C

GPU
最大温度が63°C
最低温度が45°C
平均温度:51°C

通常から言うと、CPUの製造基準には必ず80~90°Cの温度下長期間作動可能、よって通常には性能が切り落とす壁温度は85°C~90°Cとなります、GPUも同じです。
以上の長期間(以上は部分のテスト結果約三時間)テスト期間内安定領域を守っているとは、優秀と言える物です。
(ですか、長期間のゲーム作動には、パソコンの寿命を出来る限り伸ばす為に、外部補佐排熱アクセサリーの購入がオススメです)

製品に対する紹介は以上となります。
————————————————————————————————

今回はまさにコスパ最高の為に、詳しいく紹介させていただきました、
興味の有る方は日曜日に是非会場までにご覧に見てくたさい:

MSI GL62M 7REX 発売セール 会場

運輸には佐川利用可能で、
詳細には是非こちらをご参考の程よろしくお願いします:

「GEARBEST」運輸方式、追跡及び住所の入力(随時更新)

トップへ戻る